過去のチャートで検証しよ!

スポンサードリンク



トレードで成功したいと思っている人は多いけど、特に初心者が最初にしなければならないことは、チャートを見ることね。

株価の動きなんて、予測することはできない。

でも、最初は、なんか秘密の方法があって、トレードで成功した人は、そういう秘密の方法をマスターした人なんじゃないかと思ってたの。

でも、トレード始めてから数年間いろいろと実践し、そして勉強し、経験を積み重ねて分かったことは、株価の予想なんてできないってこと。

うん。無理。

cc176164336_tp_v1

トレードで成功している人も、株価を予想することなんかできないって言ってるし、実際に、ロスカットもいっぱいしてる。

でも、こういうことを聞いても、最初の頃は全然分からなかった。

「そんなはずないー!」

ってね。

スポンサードリンク



結局のところ、自分で経験して、痛い目に遭って骨身にしみて、やっと分かるんだよね。

じゃあ、どうしたら良いかって言うと、株価の動きを完璧に当てることなんて無理だから、とにかく、自分がエントリーする時の条件を明確にすること。

同時にロスカット条件と利益確定の条件も決めてね。

つまり、何パーセントの損失でロスカットして、何パーセントの利益が乗ったら利益確定するかってこと。

そして、過去にさかのぼって、その条件でエントリーして、結果どうなったかってことをチャートを見ながら繰り返し、繰り返し検証してみる。

そうすると、負けがあって、勝ちがあって、そして、最終的に利益が出るか、それとも損失が出るかが分かるよ。

いろんな銘柄で、期間もバラバラにして、100回とか200回、300回とやってみると、自分が決めたエントリーの条件とロスカットの条件がトータルで勝てるものか、それとも負けるものかが分かってくる。

トータルで勝てるんだったら、それを自分ルールとして実際の相場で使い続ければ、勝てる可能性が高いってこと。

でも、途中でルール変えたちゃったら意味ないからね。

これ、すごく大変だから、途中で挫けそうになったりするかも知れないけど、トレーダーとして成功したいなら、こういう地味な作業をしっかりとやらないとダメ。

でもね、これ数百回とか繰り返すと、株価の動きを完璧に当てようとするのは絶対無理ってことが分かるし、当てようとしたって当たんないってことが分かる。

負けがあるのは当たり前だし、とは言え、勝つこともある。

ロスカットがあるのは当たり前なら、その幅はどれくらいに設定すべきかを検証の結果で決めると良いよ。

それは、勝った時にどれくらい利益が取れるかによる。

いくらたくさん勝っても、一回の利益が少なくて、負けた時の損失が大きくなってしまうなら、結局、トータルで負けちゃうしね。

そうならないためにどうするかってことは、自分で何度も何度も検証して決めるしかないの。

だから、ホントは実際にお金を投入する前に、こうやってじっくりと時間かけて検証するのが良いと思う。

というわけで、チャート見ながら検証してね。

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る