「お姉さん」って呼ばれた日

スポンサードリンク



先日、お仕事帰りにショッピングモールに行って、色々と春物を見てたんだけど、その時は、花粉対策もあってマスクしてたのね。

もちろん、お化粧もバッチリして、完全女の子スタイル。

すると、いつもに増して、ショップの店員さんをはじめとして、周囲の人からの対応が自然な感じだったよ。

勧められるお洋服も、やたらとかわいい系が多かったなー。

「あ、もしかして、マスクしてると、完パスできてるのかな?」と思って、気分が上がって来て、いつもよりもちょっと派手な感じのショップにも挑戦。

すると、そのショップの店員さんには、ミニスカを強く勧められたので、頑張って試着。

「お姉さん、背が高いから、すっごく似合ってますよ!かわいい!!とってもいい感じ。」って言ってもらえました。

生まれて初めて、「お姉さん」って呼んでもらえた。。(涙)

めっちゃ嬉しかったーーー!!!

スポンサードリンク



もちろん、わたしが目指すレベルにはまだまだ届かないけど、とりあえず、女の子扱いしてもらえたことは、何か1つの壁を超えた感じかな。

ホントは、マスク無しでも同じような対応してもらえるくらいになりたいけど、でも、間違いなく女の子としてレベルアップしてることは分かったよ。

外見は女の子に近づきたい。

でも、中身は半分半分でいいの。

だって、わたしは、男の子でもないし、女の子でもない、中間だからね。

そういう人って、「ジェンダーX」とかって言うらしい。

まぁ、呼び方とかカテゴリーなんてどうでもいい。

だって、わたしはわたしだから。

自分の性別について人に説明するのって難しいし、別に皆に分かってもらえるとも思ってない。

わたしにとって重要なことは、「わたしらしく生きる」こと。

もっともっとキレイになりたいけど、手術とか薬とかは絶対にしないよ。

それって自然じゃないし。

目指すところは、見た目は完全に女の子だけど、中身は半分半分な人。

ま、中性ってことなんだけどね。

キレイな中性。

というわけで、これからも自分磨き頑張るよっ!!

 

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る