スカート中毒です。。

スポンサードリンク

女装を始めた時期や理由って、人によって違うよね。

わたしは5歳頃からかなぁ?

ボヤーっとした記憶だけど、幼稚園か小学1年生の頃だったと思う。

とにかく、物心ついた時から、妹にお願いして、スカート借りて履いてたよ。

それと、わたしには、1歳と2歳年上の従妹がいて、彼女たちが履かなくなったお洋服が段ボール箱でウチに送られてきたりしてたから、妹のお洋服だけじゃなくて、従妹のものも合わせると、女の子の洋服が豊富にある家だったのね。

今考えても、ホントに恵まれてたなーって思う。

従妹たちは、今でもそうだけど、2人共に相当な美人さんだから、小さい頃から、あんな風に可愛くなりたいなぁって、憧れてた。

だから、彼女たちのお洋服が送られてくると、一番喜んでたのは、わたしだったのね。(笑)

妹は、女の子っぽい服装が好きじゃなかったから、送られてきても、トップスやパンツとかは履くけど、スカートやワンピースはほとんど着なかった。

だから、わたしがこっそり、それらを着てても、何の不都合もなかったわけ。

だって、どうせ誰も着ないからね。

ただ、妹が着ないと、定期的に両親が捨てちゃうから、それだけが困りごとだった。

だから、わたしが気に入った洋服があると、まずは試着して、着れるものは、こっそりと屋根裏とかに隠して、私のコレクションにしてたの。

でも、そんなにたくさんは隠せないから、何枚かの厳選したスカートだけだったけどね。

あとは、妹に母親が買い与えたけど、全然履かなくて洋服棚の奥にあった、千鳥格子柄のミニのプリーツスカートは、妹に借りて、何回も何回も履いてたなー。

その頃から、一日中スカート姿で生活したいって思ってた。

スポンサードリンク

小学校から高校まで、わたしが通ってた学校の女子制服は、セーラー服だったから、ホントに女の子たちがうらやましかった。

妹も高校まで同じ学校だったから、妹が入学して制服を着るようになると、帰って来た時とか、休日に両親が出掛けた時とかは、妹に、

「ねぇ、セーラー服貸してーー!」

「いいよー。」

なんていう会話をしてたなぁ。

あとは、従姉が高校生の時に法事か何かでウチに泊まりに来た時、夜になると、制服は居間に掛けてあって、みんな寝室で寝てた。

だから、夜中まで頑張って起きてて、こっそりと居間に入り、誰も来ないことを確認してから、従姉それぞれのブレザー制服とセーラー服を手に取り、ブレザーからセーラーと順番に、そーっと袖を通し、スカートも履いて、2人と同じ格好ができたことに感動したことも覚えてる。

でも、それはさすがに見つかったら、ヤバいと思ったよ。

だから、めちゃくちゃ緊張したけどね。

でも、彼女たちの女子制服が着れたことが、何よりも嬉しかった。

だから、当日、自分は「おかま」か「ニューハーフ」なんだと思ってたの。

だって、それくらいしかジェンダー概念を知らなかったからね。

まぁ、そんなこんなで、わたしは小さい頃から女の子のお洋服着てた。

でも、一番好きだったのは、何と言ってもスカート。

だから、もう、スカートがないと生きて行けないんじゃないかなぁって思うくらい、時間と暇があると、自然とスカートに手を伸ばしてた。

まさにスカート中毒。

そんな時に、ちょうどテレビでセーラームーンが放映されてて、セーラーマーキュリーの水野亜美ちゃんが大好きだったのね。

だから、セーラームーンを観る時、家に誰もいないと、セーラー服着て、亜美ちゃんになったつもりで観てたなぁ。

で、思ったのが、なんでわたしはセーラー服着たり、スカート履いて女の子の格好したいのに、女の子が好きなのかなぁ?ってこと。

その謎が解けたのは、大人になって大分経ってからなんだけどね。

今は、平日でも、上から下まで、もちろん下着もレディースものしか着ないし、プライベートではスカート履いてお出かけできるようにまでなったから、ホントに幸せ。

自分の洋服棚にワンピースやスカート、ブラ、ショーツ、パンスト・・・と一式きちんと揃ってて、家族もそれをとりあえず認めてくれてるから、感謝、感謝です。

ただ、家族の前でスカートだけは、ちょっと困惑するから止めてねって言われてるから、家族の前では履かないようにしてるけど、それ以外のワイドパンツやガウチョなんかは大丈夫。

寝間着もワンピースなんだけど、下に細身のジャージ履いてるから、それでセーフ。

ホントは、どこでも誰の前でもスカートで生活したいんだけど、まぁ、それはまだちょっと壁があるかな。

だけど、少しずつ前に進んでる。

自分らしく生きれるように。

みんなも、いろんな環境で生きてるから、わたしと同じように女の子の服装で生活することができたり、できなかったりすると思うけど、スカートがホントに履きたかったら、ちゃんと履ける場所・時間を作っていくと精神的に良いと思う。

もちろん、身体が男性でスカート履くには、たくさんの障害がある。

でも、それもあきらめずに、1つずつクリアして行くしかないよね。

わたしは、周囲とできる限り調和を取りながら、あきらめないことを貫いてる。

その結果、つい先週も洋服の青山で、新春初売りセールやってたから、フラっと立ち寄ったところ、女性の店員さんから声掛けてもらって、特に違和感なく、レディースコーナーに案内されて、紺のスカートスーツを試着させてもらって、安くゲットできたよ。

ちょっとスカート短めだったけど、佐々木希さんが着てる写真があって、すっごい素敵だったし、サイズもぴったり!

それで、店員さんが気を効かせて、通常セール価格よりも、さらに安くしてくれたから買っちゃった。

もちろん、オンラインでも買えるけどね。

だけど、わたしは、いつも試着してサイズ感や着心地を確認してみるのが好き。

そして、こうやって店員のお姉さんに、実際に着たところを見てもらって、アドバイスとかもらったりしながら会話するのも楽しみの1つなんだよねー。(´艸`*)

もちろん、全員がうまく行くかどうかは分かんないけど、人前で堂々とスカート履けるようになるまでは、とにかくあきらめず、少しずつ行動するしかないかな。

わたしはそう思ってる。

まぁ、結構茨の道だったりするんだけどね。

でも、ある程度、自由にスカートで外出できるようになった時は、ホント最高の気分だよー!!(*´▽`*)

そして、スカートスタイルこそが、わたしらしいスタイル。

なので、これからも変わらず、わたしはスカート履き続けまーす!

スポンサードリンク

ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る