スカート履いてお出かけしましょ

女装において一番の登竜門、それは、スカート履いて外出すること。

これって、相当な度胸が必要よ。

だって、男の子がスカート履くなんて、一般常識では、あり得ないことだからね。

わたしだって、めちゃくちゃ緊張したよ。

一番最初、お出掛けの前のお外でスカート体験は、とあるショッピングモールに男の子モードで行って、店員のお姉さんに、「ユニセックスな格好がしたいんです。」って言ってから、いろんなお洋服を選んでもらい、最終的に、

「わたし、ス、スカートが履きたいんです・・・」

と勇気を振り絞って言いました。

ショップのお姉さんは、

「そうなんですね。じゃあ、こんなのはどうですか?」っていろんなスカートを提案してくれて、そして、それに合うトップスと一緒に試着もさせてくれました。

fitting_room_01_rev01

本当に本当に緊張したけど、やっと女の子のスカートを人前で履けて、しかも女性の店員さんに、わたしに似合うスカートを提案してもらって、最高に幸せでした。

それからは、メイクも覚えて、自分でお化粧して、それから完全女装で出かけることになりました。

最初の完全女装でのお出掛けはこちら

その後は、大きな街に出かけて、大勢の人の前で女装して歩きました。

その時は、黒のカジュアルなロングスカートだったよ。

こうやって、だんだんとスカートでお出掛けすることに慣れていったの。

最初は、一目がすごく気になったけど、経験を重ねるうちに、少しずつ気にならなくなってきて、堂々と街中を歩けるようになりました。

堂々としてると、案外、ほとんど見られることもありません。

あんまり緊張して挙動不審になると、逆に目立つし、皆の注目を浴びることにもなるから要注意。

なので、女装してスカート履いて街中を歩くことに慣れることが大切ね。

それと、もう一つの注意は、あまり短いスカート履かないこと。

ミニスカに憧れるのは、よーく分かるよ。

だって、かわいいもんね。

わたしも、正直、手持ちのスカートはミニが多かったけど、外出時にミニを履くのはやめました。

だって、わたしたち男の娘が、女の子でもあまり履かないような短いスカート履くと、絶対に目立つからね。

止めた方が正解。

膝が見えるくらいまで足を出しちゃうと、絶対に男ってバレるから。

だって、男の娘の足と女の子の足って、筋肉の付き方とかが全然違うから、その不自然さですぐにバレちゃう。

だから、スカートの丈は、せめて膝下くらいにした方が良いよ。

skirt02

ミニを履くなら、めっちゃレベルアップして、どこからどう見ても女の子にしか見えないくらいになってからにして。

そうじゃない場合、特に外出女装駆け出しの頃はNGだよ。

なので、最初はロンスカから始めてね。

long-skirt-girl_01

いずれにせよ、ますは、スカートで外出するっていう、男の娘としての登竜門を乗り越えたら、あとは、さらにキレイに磨きをかけて、声も高くしていって、それを繰り返すのみ。

さ、一緒にスカート履いて、もっともっとキレイな男の娘目指して頑張ろーね!

 

ファッション通販サイト【夢展望】

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る