発毛カウンセリングで分かったこと。

スポンサードリンク



では、前回の続き。

診察室で、さっき撮影した、わたしの頭部写真を見ながら、先生のカウンセリング開始。

まず、先生から一言。

「AGA は一生治らない病気だと思って下さい。」

ええぇーーーーー!!!(ノД`)・゜・。

それ聞いて、ショックで倒れそうになった。
じゃ、ここに来たって、ムダなの?

ど、どういうこと??

色んな考えや思いが頭の中をよぎり、混乱して声が出ない。。

すると、そんなわたしを見て、先生が、

「治らないというのは、内服薬を飲み続けなければならないということです。身体が男性である以上、AGA の原因である、男性ホルモンと5α還元酵素が結合・変化してできる、悪玉男性ホルモン、ジヒドテストステロン(DHT)を抑制できません。だから、まず、それを抑えるために、内服薬は絶対に必要なんです。」

あぁ、つまり、内服薬を飲み続ければ、何とか大丈夫なんだ。。(;_:)

「それを抑えることで初めて、治療ができるんですね。つまり、いくら育毛しても、ジヒドテストステロンができてしまっては、髪の毛がしっかりと育つ前に抜け落ちてしまうので、発毛効果を得ることができないのです。」

じゃ、わたしはまだ治る可能性あるの?

スポンサードリンク



「カオリさんの場合、髪の毛自体は多いので、内服薬と外用薬、そして、メソセラピーを合わせて行うことで、正直、半年もすれば、相当な効果が上がりますよ。」

「ホントですか!?可能性あるんですね!!」

「はい、このビフォーアフターの写真は、大げさに思われる方もいらっしゃいますが、ウチではこれくらいの発毛効果は珍しいことではありませんので。」

先生は、M字ハゲから大分発毛した男性の頭部写真を見せてくれたの。

6ヶ月後の写真は、明らかに発毛してることが分かり、1年後は、ハゲとはもう言えないくらいまでに発毛していた。

わたしの場合、この人ほどは進行していないので、その写真だけでも大分勇気付けられたよ。

ってことは、6ヶ月我慢すれば、かなり発毛効果が出てることは間違いない。

そして、1年経ったら、完全復活!!

うーん、楽しみーーー!!(*´▽`*)

「ただし、副作用もあるので、事前にご説明します。」

うっ!

そ、そうだよね。。

副作用って、なんだろ??

とりあえず、希望は持てたんだけど、気になる副作用については、また次回。

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る