Xジェンダーがテレビで取り上げられました。

スポンサードリンク



先日、日テレNEWS24にて、Xジェンダーが取り上げられました。

男女「どちらでもない」Xジェンダーとは?
ようやく、わたしたちにも世間の関心が向いてきたなーって、なんか感慨深かった!(*´▽`*)

まぁ、一般的には、男でも女でもない感覚って分かりづらいよねー。

わたしの場合、真ん中でもなく、男寄りだったり、女寄りだったりと、揺れ動いているので、余計分かりづらいと思うけど。。

普段は女寄りのことが多いかな。

なので、日本では「Xジェンダー」で通じるけど、海外の人には、”Non-binary”って説明してる。

スポンサードリンク



わたしは、同じXジェンダーでも、この動画に出演されてる方と全く同じ感覚ではないんだけど、共通することも多いよ。

だから、できるだけ多くの人に見て欲しいな。

そして、わたしたちXジェンダーにもっともっと世間の関心が集まり、知名度が上がってくれると良いんだけど、まだまだ難しいよね。

でもね、わたしは自分なりに活動してるよ。

自分の会社の中だけど、人事部の人と一緒に、LGBTQ活動を始め、当事者のメンバーがどんどん増えてる。

その中で、同じ属性のFtXさんも来てくれて、すごく親近感を感じてるし、心強いなー。

最近では、それぞれのジェンダーについての勉強会もして、互いの理解を深めてるよ。

この前は、ゲイさんについての勉強会。

わたしにとっては、かなりショッキングな内容もあったけど、違うジェンダーって、ホント興味深いっ!そして、すっごく勉強になったなー。

わたしたちは、”LGBTQ”とかって、ひとくくりにされてるけど、まだまだ互いに知らないことばかりって分かったの。

だから、わたしは、Qの中のXジェンダーとして、自分のことをもっと発信して行こうと思ったよ。

もちろん、信頼できる人にしかカミングアウトしないけど、情報発信はできる。

最近、仕事で海外に行くことが多いんだけど、向こうでは、わたしが髪を伸ばそうがレディースものの洋服着てようが、全く気にせず、何の突っ込みも入らず、至ってフツーに接してくれる。

これって、ホントすごーくありがたい。

だから、わたしも積極的に発言できる。

やっぱり、自分が受け入れられるような環境にいると、何の気後れもせずに自分の能力を発揮できるよね。

日本だと、相手の目が気になったりするし、時には陰で酷いことも言われるから、やっぱり、どうしても、能力を十分に発揮するのは難しい。。

でも、そういう環境を少しでも変えていくために、わたしは頑張るっ!!

環境を嘆いてても何も始まらないからね。

わたしみたいな人が生きやすい世界を作るためには、やっぱり、わたし自身が、たとえどんな小さな一歩であっても、前に進んで行くしかないからね。

プライベートでも、レディースブランドのショップで、どんどん試着してお気に入りのお洋服買ってると、周りも慣れてくる。

そうすれば、ドキドキしながら初めてスカート試着するMtXやMtFの子も、全然フツーに受け入れてもらえるようになると思うしね。

そうすると、ちょっとしたことかも知れないけど、それだけでも人生が好転した感覚を覚えるはず。

だから、わたしは、ずっとレディースブランドのショップで何の気兼ねもなく試着したり、買ったりしてる。

最近は、それも慣れ過ぎて何とも思わなくなっちゃったけどね。(;^ω^)

それ以上に、もう男の子のお洋服は着れないかなー。

まぁ、そんなわけで、わたしは自分なりのXジェンダーとしての人生をしっかりと歩みつつ、会社という狭い世界ではあるけど、LGBTQ当事者が生きやすい職場環境を作るために邁進してるよ。

これからもまだまだ頑張るからねー!

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る