女性装のトランスジェンダー東大教授、市長選に出馬!

スポンサードリンク



この前、埼玉県東松山市の市長選挙に立候補した、女性装の東大教授、安富歩さん。

女性装のトランスジェンダー東大教授が市長選に出馬!

最終的には落選しちゃいましたが、わたしは応援してたよ。

やっぱり、安富さんのような方が声を上げて行動を起こしてくれると、わたしもすごく勇気が湧いてくる!!

市長選挙に立候補して、これだけの活動をするって、なかなかできることじゃないし。

だから、わたしは、ホントに心から尊敬してます。

こういう人が世界を変えて行くんだと思う。

スポンサードリンク



わたしも、小さな一歩かも知れないけど、自分の会社でセクマイ活動に参加してて、それもだんだんと脚光を浴びるようになり、会社のトップから人事までが真剣に動いてくれるようになったよー。( ´ ▽ ` )

やっぱり、人と違うからって、卑屈になったり、諦めたりしちゃダメだよね。

だって、わたしと同じくXジェンダーだったり、セクマイであることで、周囲から理解されず、辛い人生を送ってる人のためにも、当事者であるわたしが、何かしら一歩を踏み出さないといけない。

勇気を出して。

どんなセクシャリティーであれ、皆が幸せに生きれる世の中を実現するには、わたしたち一人一人が動いて、それが大きな波になって、世の中が変わっていく。

わたしが生きてるうちにどれくらい世の中が変わるかなんて分からないけど、それを少しずつでも変えて行くのが、わたしの使命なんだと思う。

少なくとも、わたしが動くことで、わたしの周りには実際に変化が起きてるし。

それに、わたし自身も変化したよ。

普通にショップでワンピースやスカート試着させてもらえるし、かわいい下着や水着も何の言い訳しなくても、店員さんから勧めてもらえる。

平日はパンツスタイルだけど、上から下まで全部女性もの着て生活してる。

休日は、メイクしてスカート履いてお出掛けできるし、それで特に変な目で見られることもない。

最初は、女装してるって意識が強かったけど、今は、その感覚はだんだんと少なくなってきて、自然な感覚に近くなってきたよ。

周囲もそんなに違和感ないみたいだし。

平日でも薄くメイクするようにもなったよ。

一気に変わろうとすると、自分も周りも抵抗感覚えるから、そうやって、少しずつ変わると良いと思う。

少しずつでも、自分の理想の姿に変わって行くことが大事だね。

その積み重ねが、いずれ大きな変化に繋がるから。

諦めない限りは負けじゃないし、少しずつでも目標に近づいてる。

だから、わたしは安富さんほど大きなことはできないかも知れないど、自分らしく堂々と生きれる幸せな世界の実現目指して頑張るーーー!

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る