わたしの自分史:保育園~小学生編 その1

スポンサードリンク

以前から色々と影響を受けている、ALAさんのブログをずーっと紹介したくて、
ズルズルと時間が経っちゃった。。

特に、この過去話はすっごく共感できたし、
毎回とっても楽しみに読んでました。

ALAさんのブログ

それで、わたしも自分史ってものを書いてみようかと。。

これまでにそれっぽいことは何度か書いてきたとは思うんだけど、自分のためにも改めてまとめてみようかなと思いました。

書き始めるまでに半年くらい経っちゃったけど、わたしの自分史スタート!(・∀・)

多分、長くなるから、少しずつ区切って書いてくねー。

まずは、保育園~小学生編 その1です。

わたしは物心ついた頃から、自分の性別に対して違和感を持ってた。

妹もいたし、幼馴染もいとこにも女の子が多く、彼女たちを見ていて、まず最初の違和感は洋服が違うこと。

最も大きな違いは、彼女たちはいつもスカートを履いていて、自分は履けない、というか、履かせてもらえない。

保育園や幼稚園のイベントでも、女の子はスカートが指定されていて、自分はいつもズボン。

彼女たちとは、いつも一緒に遊んでいるのに、自分はなぜか違う扱いを受ける。

「男の子」という型にはめられていく。

子供ながらに、身体がそうなんだから、そうなるべきだって頭で理解しようとしていた。

だけど、女の子はあんなに可愛い服を普通に着れるのに、自分はなぜ着れないのか、着ちゃいけないのか…

とにかく羨ましかった。

妹も生まれて、余計そう思うようになった。

スポンサードリンク

年齢で言うと、4歳くらいの時にはすでに自分の性別に違和感を覚えていて、小学校に上がる6歳の頃には、その違和感はすごくはっきりしていた。

わたしの通っていた小学校は、男の子は詰襟の学ランで女の子はセーラー服。

わたしは、自動的に学生服があてがわれて、周囲からも、男の子としての型にどんどん当てはめられていく。

そして、放課後の部活は、友達の誘いを断りきれず、2年生くらいからサッカー部に。

もう、典型的な男の子になっていった。

かろうじて親から習わされたピアノだけはやっていたけど、そのことは人には言えなかった。

ピアノは女の子がするものだという周囲からの目もあり、ピアノ教室に入る時は、とにかく、周囲を見回して、誰にも見られないようにして通っていた。

別にピアノが好きだったわけじゃない。

先生も怖かったし…

発表会では、女の子はキレイなドレスを着てるのに、わたしは半ズボンに蝶ネクタイ。

屈辱だった。。

そして、ピアノ教室では、たった1人の男の子ということで、友達もできず、結局、5年生になって辞めた。

その前年、わたしが4年生の時に、妹が新一年生として同じ小学校に入学。

つまり、わたしが憧れていたセーラー服デビュー。

入学前、地元の洋品店に制服の採寸に行って、新品のセーラー服と共に帰って来た。

そして、家族の前でお披露目。

スカート嫌いな妹も、初めてのセーラー服と小学校入学に喜んでいて、まんざらでもない感じ。

セーラー服着て、お決まりのポーズ。

クルッと回って、プリーツスカートもその動きに合わせてフワッと回るはずなんだけど、しつけ糸がついてたから、そうはならなかった。

とにかく羨ましかった。

なんか、セーラー服を着て、どんどん女の子になっていく妹への嫉妬がすごくて、それ以上見てらんなくなった。。

そして、わたしは、どーしてもセーラー服が着たくなり、家族が留守にしてる時、「トンボ学生服 女子通学服」と書かれた黒い箱を開けた。

なんか、宝箱を開けてる感覚だった。

でも、同時に、男の子が絶対にやってはいけないことをしようとしていることに、ものすごい緊張と罪悪感を覚えて、心臓のドキドキが止まらなくなった。。

そして、新品のセーラー服と、まだしつけ糸のついたプリーツスカートを取り出した。

スカートを履く方が罪悪感が大きかったから、まずはセーラー服に袖を通した。

4年生のわたしが1年生の制服を着るには、少し小さかったけど、何とか入った。

そして、スカートを手に取る。

多分、これを履いたら、自分はもう戻れなくなると思って、しばらくスカートを持ったまま動けず。。

やっぱり履きたい!

しかも、このチャンスを逃すと、しばらく着れなくなる。

ようやく意を決して、ズボンを脱ぎ捨て、スカートに片足を通す。

もう片足を通して、ウエストのチャックを閉め、ホックを留める。

胸のドキドキは最高潮。

新品のセーラー服の着心地と、プリーツスカートが、サラッと肌に優しく触れる感触。

初めての体験。

即座に全身を鏡に映す。

女の子の制服に身を包んで、恥ずかしさと罪悪感で、顔を真っ赤にした自分がいた。

とうとう、禁断の扉を開けてしまった。。

でも、それ以上の幸福感と充足感も感じた。

やっぱり、自分だってセーラー服着て学校に行きたい!

こうして、わたしも妹と一緒な時期にセーラー服デビューを果たした。

続きは、わたしの自分史:保育園~小学生編 その2 で

スポンサードリンク

ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る