わたしの性別

スポンサードリンク



最近、よく聞かれるんだけど、

「かおりんって、男の人が好きなの?それとも女の人?」

って質問。

あのー、わたし、あんまり性別とか気にしてないんですよー。

自分の性別を説明するのって、すごく難しいの。

だって、わたしは男の子でもあるし、女の子でもあるし、どっちもあるから。

女装は好きよ。

だけど、女の子になりたいわけじゃないの。

スポンサードリンク



見た目は、女性として生活したいと思ってるけど、中身は半分半分。

なので、どっちかを否定したりもしないの。ホントに中性。

こういう人って、かなりマイノリティーなわけ。

専門用語だと、「Xジェンダー」って言うみたい。

男性でもあり、女性でもある。

一番嫌いな質問は、性別について聞かれること。

アンケート用紙とかで、「男」か「女」かに○をつけることあるでしょ?

私は、両方に○をつけるか、真ん中につけたい。

だって、両方なんだもん。

厳密に言えば、真ん中より女性寄り。

見た目は限りなく女性になりたいけど、中身は男性と女性が半分半分なことが、わたしの理想なの。

だから、好きになる相手が「男か女か?」って質問の答えは、

「分かんない。どっちかって言えば女性の方が好きになることは多いかな?とにかく、わたしと合う人が好き!」

だって、人それぞれ性格も違うしね。

だから、性別だけで好きになんかなんないよ。

ね、難しいでしょ?

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る