男の子だってお姫様になれる!

スポンサードリンク



6月10日に放送された「HUGっと!プリキュア」で、すごい名セリフがたくさん飛び出してたから、これ絶対に見て!!

「男の子だってお姫様になれる!」

こういうセリフがとうとうアニメでも出てくるようになって、めちゃくちゃ嬉しいなー。

わたしが小さい頃は、ちょうどセーラームーンが大人気だったけど、さすがに、ここまで先進的なセリフはなかったよね。。

ちなみに、わたしは、セーラーマーキュリーに憧れてたよ。

あの青色のセーラー服コスチュームと、ショートカットの美少女(水野亜美ちゃん)が、めちゃめちゃ可愛くて、カッコ良かった!

ホントに、あんな風な外見になりたいって、心から思ってた。

そんなセーラーマーキュリーの変身シーンはこちら。

セーラーマーキュリーに、もし、「男の子だってセーラー戦士になれる!」なんて言われてたら、めちゃくちゃ嬉しかったと思う。

まぁ、でも、当時はそこまで進んでいなかったから、妹にセーラー服を借りて、家の中で着てるのが精一杯だったけどね。(;^ω^)

でも、妹のセーラー服を着させてもらって、少しでもセーラーマーキュリーの水野亜美ちゃんに近づけたと思うと、自分なりに満足できた。

スポンサードリンク



今考えると、わたしに気前良く、何度もセーラー服や、スカート、ワンピースなどを貸してくれた妹が一番先進的だったと思う。

だって、わたしがセーラー服着てても、「お兄ちゃん、普通にセーラー服似合うよねー!」って、平然と接してくれたのは、今考えると、相当凄いことだよね。

でも、そんな妹のお蔭で、わたしは、自分が着たいものを着れる時間があった。

だから、わたしはホント幸せだったと思う。

妹には、心から感謝してます。

でも、今回のプリキュアのセリフ「男の子だってお姫様になれる!」は、わたしの心にも響いたよ。

結局、わたしたちは、男か女かどちらかの枠組みに当てはめられて育ってきたから、そこから逸脱すると、変な目で見られたり、色々と陰口を言われたりする。

だから、わたしみたいに、その枠組みに当てはまらない人は、とっても辛い思いをしちゃう。。

そして、自分でも、「男らしくしなくちゃ」ってどこかで思ってる。

それって、ホント辛い・・・

わたしは、髪を伸ばしたり、女の子のお洋服を着たりして、それを少しずつ壊そうとしているから、エネルギーが要るし、何度も苦しくなったりもする。

そうやって、常に周りの目、そして、ストレスと戦いながら自分なりの生き方を模索してる。

そんな時に、「男の子だってお姫様になれる!」っていうセリフを聞いて、これまでのしがらみや束縛から解放された感じがして、とっても勇気が沸いてきたよ。

大人にも勇気をくれるプリキュアってすごい!!

そして改めて思ったの。

わたしは、やっぱり女の子の格好で生きていたい。

だから、わたしもお姫様になりたい!

身体は男性で、心は男性寄りだったり、女性寄りだったりで、どっちつかず。でも、格好は女性で、恋愛対象も女性。

そんなお姫様がいたって良いよね。

年齢なんて気にしない♪

というわけで、プリキュアに勇気づけられたわたしでしたー。

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る