会社でジェンダー活動頑張ってるよ!

スポンサードリンク

今年に入ってから、ずーっと会社でLGBTQ活動頑張ってます!

人事の方は、この活動にとっても積極的で、とにかく当事者のわたし達をしっかりと理解しようと、ものすごく勉強してくれているし、社長も副社長も自らアライになってくれて、そのお陰で、一般従業員もどんどんアライになってくれてるんだよね。

しかも、社内で同性パートナシップ制度もできたし。

ホント嬉しいなー。

でも、3月には、残念なことに、労働組合の機関誌にLGBTQを否定するような記事が載っちゃって、それはさすがに、わたし達当事者グループはもちろん、人事もトップマネジメントも巻き込んで大騒動になった。(~_~;)

だけど、その後の抗議活動で、組合もLGBTQについてしっかりと理解しなければならないという認識になってくれたよ。
そして、社長、副社長とアライの社員が集まって、わたし達当事者と一緒に話し合うという素晴らしいイベントも実現。

スポンサードリンク

最初は、どんな感じになるか全然分からなかったし、わたしもカミングアウトする予定で、めっちゃ緊張してたけど、当日は想像以上に深い話し合いができ、わたし達のジェンダーを理解するために、たくさんの質問が出て、本当に素晴らしい会になったよ。

わたしとしては、昔、カミングアウトで大失敗して、友達全員失うというトラウマがあったから、相当な覚悟が必要だったけど、今回勇気を出してやってみた結果、参加者全員が理解しようと真剣になってくれて、ものすごい一体感が生まれたのね。

そして、しっかりと下準備して上手く行った時のカミングアウトの力には驚いたよ。

カミングアウトって、上手く行くと、こんな風になるんだね。

そして、こうやってわたしのことを真に理解しようとしてくれる会社のために、もっとお仕事頑張ろうって心から思えるようになったよ。

周囲に理解者がいると、こんなに勇気づけられるんだね。

企画者の人事部社員の方には、ホント感謝。

わたしができることなんて限られているかも知れないけど、こうやって、組織がLGBTQフレンドリーになっていく一つの推進力になるなら、やる価値は十分あるよね。

そして、次世代のわたしのような社員が働きやすい会社を目指して頑張るーーー!!(≧▽≦)

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る