わたし、インタビューされたー!

スポンサードリンク



つい先日、ある大学の学生さん(Xジェンダー当事者)から、研究のためのインタビューを依頼されたの。

テーマは、わたしのジェンダーについて。

こういうインタビューを受けるのは初めてだったので、正直、めっちゃ緊張。。

何話せば良いんだろうと、インタビュー始まる前に色々考えたけど、結局まとまらず・・・

でも、せっかくインタビューしてくれるので、何か役に立ちたいなぁと思って、できるだけ何でも答えようと思って、インタビューに臨みました。

スポンサードリンク



場所は、とある駅のすぐ傍にあるカラオケ店。

実際にインタビュアーさんに会ったところ、すごく気さくで優しい雰囲気の方だったの!

それで、大して緊張することもなく、インタビューは進んで行って、気付いたら、あっと言う間に2時間以上経ってたよ。

質問もすごく上手で、わたしの小さい時の話から、揺れ動くジェンダーの感覚、服装や、身体のことなど、とにかく、様々な観点から質問してくれたのね。

それに答えていると、あ、わたしって、そうやって考えたり、感じたり、行動してたんだなぁって、改めて色々と気付いたよ。

こうやって、言語化するって、すっごく大切だねー。

特に、わたしって、服装へのこだわりが強いんだけど、それは、服装って、自分らしさや、本来のジェンダーを表現する、最も大切な、そして分かりやすいツールだから。

基本、レディースものしか着ないけど、それにも理由があって、わたしのジェンダーが揺れる中で、一番自然でしっくりくるのが、女性寄りの時。

だから、男性寄りに揺れても、また女性寄りに戻ってきた時に、メンズもの着てると、すごく違和感を覚えるし、精神的にもダメージがあるのね。

でも、パンツスタイルとは言え、レディースもの着てれば、そういう違和感はないから、すごく楽なの。

さらに言うと、男性寄りに揺れても、その時、服装がパンツスタイルなら、さほど気にならないから、大丈夫。

だから、トータルで考えると、レディースものが一番落ち着く。

プライベートだと、スカート履いてることもあるけど、それは女性寄りのわたしが最も安心するスタイル。

スカート姿の時、ふと男性側に寄ることもあるけど、なんか、不思議と耐えられるの。

それって、分かんないけど、わたしの中の男性寄りの心が、女性寄りの心に寄り添ってくれてるからなのかなー?

基本レディースもの着てるのは、そういう理由。

それも、自分の中では、何となく、そう思ったり、感じてたりはしてたんだけど、改めて言葉で他者に説明することで、ちゃんと分かったの。

わたしの自然な心の状態は、女性寄りの時。

でも、これも不思議で、完全に女性じゃない。

「女性寄り」って言葉が正確。

だから、女性になりたいわけじゃない。

服装や髪型、メイクは女性らしくして、体型もできる限り女性に近づけたい。

でも、ホルモンやったり、外科手術まではしたいと思わない。

そういうことについて、たくさん話した。

その日は、会社帰りだったんだけど、何となく、メイクしてスカート履きたくなったので、自分の心に従って、完璧女性モードでインタビュー受けました。

いつも、メイク道具とスカートは常備してます。(笑)

その方が、なんか、自分のこと何でも話せるような気がしたから。

そして、実際、インタビューで色々と話せたのは、そのスタイルで臨んだからかもね。

というわけで、インタビューに協力した形ではあったけど、逆にわたしの方が色々と気付きがあって、すごく貴重な経験となりましたー!

インタビュアーさん、本当にありがとうございました!!

これからも、こういうインタビューはできるだけ受けて行こうかなー。

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る