ボヘミアンラプソディー観てきた。

スポンサードリンク



この前、「ボヘミアンラプソディー」見てきたよ!

ボヘミアンラプソディー公式サイト

ホント、良い映画でめっちゃ感動した!

フレディー・マーキュリーの人生の紆余曲折で、一旦、女性と結婚したけど、自分の本当のセクシャリティーに気付くところとか、超共感。。

わたしも、女性と付き合ったり、今の奥さんと結婚した時、「これで、きっと普通の男性になれるんだろーなー」って思ってたけど、全然無理だったしね。(^▽^;)

映画の中で、奥さんとの微妙な距離を取る瞬間とか、わたしとは違うんだけど、でも、なんか、その感覚が分かったの。

わたしの場合は、奥さんがわたしに男性を求めて、わたしも応えようとするんだけど、そういう時に限って、声が高くなったり、しぐさが女性になったりと、うまく行かないわけ・・・。

そういうすれ違いが、色んな誤解とか不信感を生んだりするんだよね。

まぁ、それでも長年一緒にいると、心底分かってくれたかどうかは謎なんだけど、わたしがいわゆる「男性」とは全く違う生き物だってことは理解してくれたみたい。

子供たちは、わたしのことをトランスジェンダーだと思ってるみたい。

だから、ジェンダーについて真剣に話そうとすると、なんか変な雰囲気になって、聞きたくなさそうな感じになるから、無理に説明してないの。

スポンサードリンク



でも、わたしは下着も洋服も女性ものしか着ないし、それを奥さんや子供たちと共有してるって、世間一般的には、かなり特殊な家庭だと思う。

パパの洋服ダンスには何枚もスカートがあるとか、下着の入ってるところを開けると、女性用のショーツとか1分丈のボクサーパンツばっかりとか、普通は考えられないと思うしね。(´艸`*)

なので、毎日そういう格好してると、もはや「女装」じゃない。

だって、女性を装ってるって感覚ゼロだし。

これがわたしの普通。

さすがに仕事じゃスカートは履かないけど、メイクも化粧下地にファンデーション、そして、眉メイク、ノーズシャドウくらいまではやってる。

あ、あとピンクベージュのリップクリームもね。

ホントはアイシャドウとか、つけまとかもちゃんとやりたいけど、そこまでやっちゃうと、色々と物議を醸す可能性大だから、平日はやってないよ。

でも、少なからずそういうスタイルを貫いていると、周りも「そういう人」だって思ってくれるようになる。

つまり、周囲にもそうやって少しずつ慣れてもらうの。

それを続けた結果、大分、自分らしく生きやすくなったよ。

フレディー・マーキュリーと比べると、ずいぶんスケールの小さな世界で生きてるわたしだけど、でも、映画の中で出てきた結婚や、親しかった友人との決別などは、わたしも体験してきたことだから、めちゃくちゃ響いた。

そして、共感し過ぎて辛くなったりもした。。

映画では、友人や家族とまた一緒になってハッピーエンドになるけど、わたしの場合、友人とは今も決別したまま。

まぁ、でも、それも人生だよね。

昔の友人はみんな、わたしのことは、女装趣味の変態だと思ってる。

でも、将来的に、もっともっとLGBTQに光が当たることで、理解が進むかも知れないけど、それでも、彼らが真にわたしのことを理解してくれるかどうかは分かんない。。

女装趣味って言われても、趣味なんかじゃない。

わたしは、幼少時代からずっと、女の子と同じ格好で生きたいと思ってた。

でも、身体には、基本的に違和感はない。

「基本的に」って言うのは、心が女性側に揺れてる時は、ホルモン打ったり、大切なところを切ってしまったりしたくなることもあるから。

でも、通常は、今のままでも大丈夫。

元々体毛も生えないし、胸だってちょっと出てるからね。

中学生時代は、それで馬鹿にされたけど、今は、メイクしてスカート履いて外出したりするから、そんな体質がすごく役立ってる。

奥さんには、

「あんたヒゲもすね毛も生えなくて良いよねー。ってか、胸もAカップくらいあるんじゃない?」

って、後ろから胸を揉まれたりする。。(>_<)

だから、ウチの奥さんも、ずっとわたしが普通の男性とは違うことを感じてたみたいね。

たまに、

「あんたさー、もう下取っちゃったら?引っこ抜いてあげようか??」

なんてジョークも言われる始末。。

でも、スカート履いてたりすると、それはそれで違和感やショックを覚えるみたいで、

「わたしの前でスカートは止めてくんない?」

って言われる。

でも、なんだかんだで一緒にいてくれるウチの奥さん。

めっちゃ厳しいけど、超ツンデレな奥さん。

だから、わたし、

「愛してるわよ。」

って、いつも思ってる。

わたしより全然キレイだし、いつも羨ましいって思ってる。

そして、わたしの性的指向は女性で、それは揺らぎない。

だから、フレディー・マーキュリーみたいに別れてしまうことは、ないと思ってる。

もちろん、奥さんが嫌で耐えられなくなったら、どうなっちゃうか分かんないけど、でも、わたしはいつまでも一緒にいたい。

ちょっとプライベートな話になっちゃったけど、そういうことも含めて、いろいろと考えさせられたり、感情が動いた映画だった。

あなたがセクマイでも、そうでなくても、是非、映画館で見て欲しいなぁ。

そう思える秀逸な映画だった。

 

スポンサードリンク



ブログ投稿の励みになるので、是非、以下ブログランキングのボタンをポチッと押して応援してくださいねー!

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る